インプラント治療も失敗のリスク

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。
他に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。インプラント治療の大きな問題は、費用がかさむことに尽きます。
ほとんどのケースは保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによってかなり費用が違うことも確かで、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることはもちろんです。
そして、定期検診にも費用がかかってくる点も知っておく必要があります。費用や手間の面から考えても、インプラント治療はブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんが受ける治療です。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることは本当に少ないという点です。歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。
前歯など、自然に見せたい歯の場合は最適な治療と言えます。
歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクはあります。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体の損傷、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題もあります。問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めてください。インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。
人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食事の際にグラグラと動いてしまうなどの事例もあります。これは担当歯科医の技量の低さの影響が多分にあります。
インプラント手術の経験と実績のある歯科で治療を受けるようにしましょう。代表的なインプラント適用のケースは、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないなどの要望があるケースです。
ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。手術して人工歯根を埋め込んだ後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間が経つにつれておさまってくるケースが圧倒的に多いです。実は他の問題が隠れていたということもありますから、治療中に異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることが治療を成功させるために必要です。